2008年07月07日

島津義久 舞鶴城

島津義久公







こんにちは。

自分の大好きな戦国時代。


その中でも一際注目している家系があります。


それは


島津家です。


以前に島津義弘、島津家久とブログでも記事を書きました。


今回は長男の義久について触れてみたいと思います。

義久は島津家の16代当主として、とても活躍しました。


先日

自分が屋久島から羽田に戻る時にフライトまでの時間が1時間あったので、タクシーで強行スケジュールを敢行しました。

どうしても島津家に触れてみたくて・・・ドキドキでした。

飛行機に間に合うのか?!


そんな中、運転手さんが連れて行ってくれたのが舞鶴城跡地でした。

そこは義久が、最後を迎えた場所でした。


表舞台にはあまり出てこなかったイメージの義久。

戦闘的に華々しい活躍をした義弘と家久とは違い、内政、外交に長けてた人物だと思います。

そこが島津家の強さの秘密にもなっていたのだと思います。

島津義久こそが、島津の精神的な柱となっており、真のリーダー的存在だったのかなと感じました。


結局、飛行機にも間に合い初の島津家との触れ合いも無事に済みました。


島津義久は目指すべきリーダー像ですので皆さん、良かったら調べてみてくださいね。


一日1回のクリック御協力お願いします

いろんな人に見て頂き何か心に残す事が出来ればと思います。

by たきまさ


人気ブログランキング(哲学・思想)

人気ブログランキング


歴史ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

こども達のためにも少しでも世の中を変えられますように
 


takimasa888 at 04:35│Comments(0)TrackBack(0)歴史 | プライベートネタ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔