2005年12月29日

奇想天外な発想力

一夜城





恋愛をした時。

相手に想いを伝える方法

あなたならどう行動に移しますか?






当たって砕けろと

飛び込むタイプの人


相手に好意があるのを

確かめてから告白する人


相手を好きにさせて

相手からの告白を待つ人


これ以外にも

奇想天外の発想をして行動に移す人




戦国時代の戦いにおいては、生きるか死ぬかには

安全策はありません!


しかし、奇想天外な行動によって安全策に変えてしまう人がいました。


それが豊臣秀吉です。


この話しは

2話に分かれております。


1話を読んでいない方はこちらへ

難攻不落の城の落とし方


人気ブログランキング







<天下の巨城、小田原城対22万人の軍勢>


関ヶ原の戦いや、川中島の戦いは

外で戦うために野戦になります。



しかし

お城の近くで戦う場合は

お城の外に出て戦うか、城の中にこもって戦うやり方があります。



今回はどうなったでしょう?





小田原城の北条家が選んだのは



城に立てこもる戦いを選びました。


それには理由があります。


過去に上杉謙信や武田信玄が小田原城を攻めました。

しかし、小田原城はビクともしませんでした。

その経緯から、今回もお城にこもって戦う事を選んだのです。



一方、秀吉は・・・



愛妻の淀殿を呼び、他の大名達にも奥さんやこどもを呼ばせて

お茶会等を開いてくつろいでいました。



長い持久戦の退屈はこうしてしのいたんですね。


今までの戦い方を見てもこんな戦い方はありませんでした。


まさに、秀吉流のやり方ですね。


小田原の北条家もお酒を飲んだりして宴会を開いていたそうです。






ところが・・・



秀吉は、奇想天外の計画を着々と進めさせていました。



なんと

ドカーン!!!

一夜にして巨大なお城が出現しました!


これを見た北条家は

あまりにも衝撃的な出来事で、戦意を失ってしまいました。



実は、この一夜城ですが

トリックだったのです。


一夜にして出来たのではなく

到着した日から、準備をさせて、城を作らせていました。



そしてついに、80日間かけて巨大な城が完成しました。


完成したら、秀吉は一夜城に移りました。

一夜城の前にあった樹木を伐採して、小田原城から見えるようにしたのです!

北条家から見たら、まるで一夜にしてお城が出来たと錯覚して

兵士達はどんどん戦意を失い

こうして北条家は降伏することになりました。


天下の巨城、小田原城は機能する事もなく、内部崩壊したのです。

22万人の軍勢もそれほどに活躍することはなかったのです。

<秀吉そしてビジネス>

結局は


秀吉の奇想天外の発想力により戦いが終わりました。



これは


秀吉の発想力のすごさですね。


一生懸命に、戦国時代を生き抜いてきて

のし上がってきた、実力は本物だったという事だと思います。



最初に恋愛で例えましたが


ビジネスにおいても

ここまでの発想力を持っている人は

すごいです。

間違いなく成功するでしょう(^_-)-☆


戦い方の常識を変えること、視点を変えてみること

そこにビジネスチャンスが潜んでいるのではないでしょうか。

人気ブログランキング




takimasa888 at 07:06│Comments(13)TrackBack(2)歴史 | ビジネス

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ブログで稼ぐための切り口とは?  [ 稼ぐ技術 / 情報商人養成塾 ]   2005年12月29日 17:58
あなたは今、 ブログで稼ぐのに…失敗しない為に、押さえときたいポイントをご存知ですか?
2. ブログで稼ぐための切り口とは?  [ 稼ぐ技術 / 情報商人養成塾 ]   2005年12月29日 17:59
あなたは今、 ブログで稼ぐのに…失敗しない為に、押さえときたいポイントをご存知ですか?

この記事へのコメント

1. Posted by インフォレヴュー919 早下   2005年12月29日 08:39
秀吉は直接戦わずに勝つのが上手いですね。三木の干殺しや備中高松城水攻めみたいに時間をかけて戦いますよね。

それをささえる財政力をつくる能力がすごいのでしょうね^^
2. Posted by meg   2005年12月29日 13:25
たきまささん こんにちは(^^)

なるほど〜!とうなってしまいました。
学生の頃、そんな風に興味がもてたら、もうちょっと歴史の成績もマシだったかな?なんて思ったりして(^^;

でも、すごい「発想力」ですね♪
もっと頭を柔軟にしたいと思っても、なかなかそう簡単にはいかないんですよね(^^;
勉強になりました!
3. Posted by 少年の心を持った みっきー   2005年12月29日 22:20
どうも〜たきまささん、こんばんは!
一夜城のお話はおもしろいですよね!!
いきなり城が現れたらびっくりしますよね!!おもしろい発想です!ポチッ!
4. Posted by 蒼さん   2005年12月30日 00:31
へぇ〜、こうやって落としたんですね〜
昨日の記事からはまったく想像つきませんでしたよw

でもすごい発想力ですね、秀吉は。
歴史から学ぶことが多いということがたきまささんのブログを見てよく分かります

これからもいいお話を聞かせてくださいね
5. Posted by ひまわり   2005年12月30日 01:07
こんばんは。

おお〜!そういう発想をしましたか。
でもお城を建てているとき、音がするとかなかったんでしょうか。
秀吉のことだから、そこはうまく計算したんでしょうね。
すごいですね!
ビジネスに応用できますよね^^
6. Posted by 名無しさん   2005年12月30日 02:10
小田原攻めの裏で苦労した武将もいるんだけどねぇ・・
7. Posted by たきまさ   2005年12月30日 04:50
>早下さん
おはようございます。
本当、そうですよね。
直接戦わずして勝つことが出来るのも
才能ですよね。
まさに仰るとおりで、秀吉の財政力はいろいろな面において、支えておりましたね。
今の時代にも当てはまる事ですね(^O^)
8. Posted by たきまさ   2005年12月30日 04:52
>megさん
おはようございます(^O^)
学校での勉強ではなかなかそこまでは教えてくれませんよね。
いろいろと絡み付けてくれてると楽しいかもしれませんし、将来的に役に立つと思います。
頭、柔軟にしていきたいですね。
9. Posted by たきまさ   2005年12月30日 04:54
>みっきーさん
おはようございます(^O^)
一夜城すごいですよね!
こんな事が出来るのは、当時は秀吉ぐらいですよね。
こんな発想できたら面白いですよね。
応援ありがとうございますm(__)m
10. Posted by たきまさ   2005年12月30日 04:58
>蒼さん
おはようございます(^O^)
この展開は驚きますよね。
自分も、初めて知った時は度肝を
抜かれました。(正直反則だよって)
それ、ありなのって感じです。(笑)
歴史からのヒントが役に立てば幸いです。
これからも頑張ります!(^^)!
11. Posted by たきまさ   2005年12月30日 05:01
>ひまわりさん
おはようございます(^O^)
この発想は、秀吉らしいですね。
音はでますよね。
何かでカモフラージュしたのかもしれませんね。
他にいろいろ作っていたので、それでごまかせたのかも知れません。
まさか城までもみたいな、感じだと。
ビジネスに応用できますよね。
!(^^)!
12. Posted by たきまさ   2005年12月30日 05:07
>名無しさん
おはようございます。
そうですよね。
裏で苦労した武将もいますよね。
赤備えの井伊直政もかなり苦労をしたのではないかと思います。
とても深いですね。
13. Posted by 玉yan   2005年12月30日 12:00
ハイサイタッキー^^



ちなみに僕は告白を待つほうですかね笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔